トップページ

    このサイトではランドクルーザーの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ランドクルーザーの買取相場をチェックして高く買い取ってくれる業者に売りたい!」と考えている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取店で調べてみてください。

    トヨタのランドクルーザーを高額買取してもらうためにやるべきことは「いくつかの車買取専門店に査定をしてもらう」ということです。1つの買取業者のみとか家の近くにあるトヨタのディーラーで下取りということを考えている場合は明らかに損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら入力も数分で終わるくらいカンタンです。複数の車買取会社からの査定額を比べられるので、ランドクルーザー(LAND CRUISER)の買取相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる車一括査定サービス。中古車といえばカーセンサーといわれるくらい知名度が高いので安心感も抜群です。
    登録業者も約1000社と圧倒的な数!最大50社へランドクルーザーの買取査定依頼ができます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むとたくさんの買取業者から営業電話がかかってくることもありますが、カーセンサーの場合はメール連絡を選択すれば電話での連絡はありません。
    もちろん、地方対応で利用料は無料です。

    「少しでも高く売りたいからランドクルーザーの買取相場を調べたいけど、電話はちょっとなあ…」と感じているならメール連絡で査定額が分かるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、ネット上ですぐにあなたが今乗っているランドクルーザーの買取相場が表示されるうえに、個人情報が他社に渡らないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという業界では新しいサービス。

    2000社以上の買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年落ちのランドクルーザーでも高く買い取ってくれる業者がすぐに見つかります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、申し込みをすると多くの業者から電話で連絡があるのが当然の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社だけなので、電話の嵐に対応する必要もありませんし、強引な営業を心配しなくて済みます。
    ランドクルーザーの実車査定も自宅や提携ガソリンスタンドで1回だけ。

    電話も査定も1回きりで最大2000社もの車買取業者が入札して買取価格を提示するという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車買取の一括サイトです。1分もかからずに入力が終わりますし、入力後すぐに中古車の概算相場が分かるので、「自分が乗っているランドクルーザーの中古車買取相場って分かるの?」と思っているならおすすめします。

    申し込み後は複数の会社から電話がかかってきますが、JADRIの審査を通過した優良業者のみが登録していますので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取業者から電話連絡があった際は1社のみで売却を決めずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちのランドクルーザーでも高価買取が可能になります。

    約10社の買取業者がランドクルーザーの見積もり査定をしてくれるため、高額査定をしてくれた買取店にあなたのランドクルーザーを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、45秒だけ使って必要項目を入力すると中古車の概算価格が表示される人気の車一括査定サイト。
    提携している業者も200社以上で、その中から最大で10社があなたのランドクルーザーの査定額を提示します。できるだけ多くの会社に査定の依頼を申し込むことで査定額やサービスの違いを比べることができるので、複数業者に査定依頼をして数年間大切にしてきたランドクルーザーをちょっとでも高く買い取ってもらいましょう。累計利用者数100万人以上の安心実績がありますし、カスタマーサポートも用意されているので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名称から分かる通り楽天株式会社が運営している車一括査定サービス。
    トヨタ・ランドクルーザーの買取査定依頼だけでも楽天5ポイント、売却が決まればさらに楽天1500ポイントが溜まるので日常的に楽天を使うユーザーであればおすすめのサイトです。

    長年愛用してきたランドクルーザーを高額買取してもらって、しかも楽天ポイントが貰えるというのはありがたいですよね。
    提携先会社は100社以上と他の一括査定と比べると少な目ですが、最大10社がランドクルーザーの査定依頼を受けてくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定の場合の価格がいくつか提示されていますので、一度チェックしてみてください。







    なるべく高値で中古車を売却したいときには、一軒だけの見積もりで納得してしまわずに査定を沢山の会社に依頼するのがベストな方法です。

    その店以外の店舗が見積もった金額を見せることで査定額が変わることも往々にしてあるのです。

    いっぺんに複数の業者に査定をお願いするには無料で車の一括査定を行えるサイトを使うと良いのですが、一括査定サイトで飛び抜けて高値を提示する店舗は詐欺まがいのことをされるかもしれませんので注意してかかってくださいね。

    大手の中古車販売店では通常のユーザー向けの中古車査定アプリを発表しているのです。

    しかし、プロ仕様の中古車査定支援アプリも存在します。

    これは、実際の査定業務経験があまりなくてもこれを使うことによって中古車査定がたやすく出来るようになります。

    業務用の査定支援アプリと専用機器を一緒に使うと、査定対象車の昔何か修理する必要に迫られたことがあったかが瞬時に分かってしまう機能がついている場合がたくさんあるのです。

    中古車買取の業者が出してきた査定金額に自分が納得できなかったときに、断っても良いのです。

    多くの業者に見積もってもらって一番高い査定額を表示してくれた店舗で契約する方が賢い選択です。

    その一方で、現実的に契約を結んでからの車の売却キャンセルは難しいか、キャンセル可能でも賠償金が発生する場合がほとんどです。

    損害賠償などの決まりに関しては契約書に書かれているはずですので、契約をする際には必ずすべての文章を熟読してからサインすることが大切です。

    到底直せないほどのダメージを受けた車は全損と言われますが、実際に全損には2種類の意味があります。

    修理しても車としての機能を取り戻せない物理的全損がまず挙げられますが、あとひとつは修理費が車両保険で賄えない状態になってしまった経済的全損です。

    一般に自動車保険の支払金額というものは、その時々の市場相場に基づいています。

    JAAI(日本自動車査定協会)が発行するデータブックを使い、保険会社は支給額と市場相場に乖離がないように努めています。

    もし実勢価格と違うと思ったら、きちんとした説明を求めるべきですし、改善してもらう点でもあります。

    基本的にタイヤの状態は、中古車売却に際して価格に及ぼす影響は少ないでしょう。

    ただ、タイヤがスタッドレスのときは面倒でもノーマルタイヤに戻した上で売るべきです。

    スタッドレスは高価ですが、真冬に残雪が残る地方というのは限られていますから、普通タイヤに交換してから中古車市場に流通させるという余計な手間がかかります。

    従ってその手間賃と実費の分、見積額から引いておくわけです。

    手元に普通タイヤがある人ならぜひ交換しておくべきです。

    車の査定を夜間や雨の日にしてもらうと総じて査定額が高くなるという俗説があります。

    晴天ほど車体のキズがくっきり見えるわけではないので、査定士が気づかず減点されずに済むからというのが理由です。

    現実的な目で見れば、そこまで細かく考えず、いつ来ても構わないという気持ちで多くの業者に来てもらったほうが良いに決まっています。

    業者同士で競合が起きればおのずと査定額も上がってくるというものです。

    中古車の査定項目の中には、タイヤの溝の残り具合も確認するように決められているため、タイヤの溝が磨り減っていたら減点されます。

    でも、売りに出す寸前にタイヤを新しく購入してもタイヤ購入の費用以上に加点されることはありませんから、タイヤを新品に変えても意味がありません。

    しかし、タイヤがスタッドレスの場合には、あらかじめ一般のタイヤに履き替えた方が賢い選択です。

    スタッドレスタイヤは時期や季節によって需要の有る無しがハッキリしているために、減点対象になってしまうことがほとんどですから。

    中古車の査定をするときに必要になってくるのは車検証のみですが、実際に売ろうとするときには幾つか書類を用意する必要があるのです。

    普通自動車を売却するときには車検証のほかに自賠責保険証や納税証明書、リサイクル券、その他に実印や印鑑証明書を準備しなければいけません。

    もし必要書類のうちの一つである納税証明書をなくしてしまったときには、売却する車が軽か普通自動車かで再発行をお願いするところは違うことを覚えておきましょう。

    売ろうとしている車が普通自動車だったら都道府県の税事務所ですし、軽自動車だったら役所の窓口に行って再発行の手続きを取るようにしてください。

    中古車買取店の決算月やボーナス時などのように、要らなくなった車を手放すのに適した時期というのは存在します。

    中古車市場で車を買いたい人が多くなる時期には車の需要につられて中古車買取の相場も高くなるからです。

    売却に適したタイミングがあると言っても、車を売ろうとする時期が決算時期やボーナス時期とかけ離れていた場合に、これらのタイミングまで待った方が良いわけではないのです。

    売る時期が遅くなればなるほどに車の年式は上がっていきます。

    相場が上昇したことによって買取価格も上昇するでしょうが、車の価値そのものが下落することの方が大きくなる可能性も秘めているからです。